セミナーに便利なゲーム

災害医療セミナー

皆さんこんにちは災害医療大学です。

ここでは災害医療に関するセミナーで便利なワークショップのネタを紹介します。

実際に僕が企画・参加経験があるものです。

質問等はラインのほうからお願いします!

 

スポンサーリンク

DIG ~災害想像ゲーム~

まずはDIGから。

DIGは大きな地図を使って、「災害時に自分の町はどんな状況になるのか」を想像するゲームです。

必要な物が少なく、かなり簡単にできます。

災害医療においては支援する地域がどうなるのか?

〈災害拠点病院が水没する想定もあり得ます〉

ならば自分たちはどのように動くのか?

を考えることができます。

 

スポンサーリンク

HUG ~避難所運営ゲーム~

HUGは自分が避難所を運営する立場ならどうやって

避難者を滞在させるか、イベントに対応するのか

を考えることができます。

準備するものが多いですが、セットを購入すれば簡単にできます。

 

クロスロード

クロスロードはイベント、質問に対して自分ならどう判断するのかを考えます。

こちらもセットを買えば簡単にで来ます。

既製品は災害医療というよりは防災教育用になっていますが、

災害医療用のクロスロードを作ることができます。

  

ダイレクトロード

ダイレクトロードはチームで協力しながら災害対応をシミュレーションするカードゲーム型教材です。

自分自身が被災した際の行動をシミュレーションすることができます。

  

防災という色が強いゲームですが、

皆さんが生きていなければ元も子もありません。

現段階では6種類のシナリオがあります!

ぜひプレイしてみてください!

  

おすすめの順番

僕がこれまでセミナーを行ったうえで感じた、

ワークショップとして行うといいと思う順番を紹介します。

①DIG

②HUG

③クロスロード

です。

まずはDIGで対象地域〈被災地・自分の住んでる町〉が災害時にどのような状況になるかを想定します。

 

次にHUGで対象地域内の避難所を運営してみましょう。

DIGで避難所の周辺の状況が想定されているので、無知で行うよりも深いものになります。

 

最後にクロスロードで集大成です。

DIG・HUGをやってきた中で悩んだ・考えた問題〈ジレンマ〉を参考に

クロスロードの質問カードを作ってみましょう。

ほかのチームが作ったクロスロードをやってみるのも面白いと思います。

このクロスロードで悩んだ・難しかったことを共有でき、フィードバックもしやすくなります。

 

以上、お勧めのゲーム・セミナー案でした!

実際に企画・運営したら感想等を教えてください!

お待ちしております!

タイトルとURLをコピーしました