災害時健康危機管理支援チームとは~DHEAT~

DHEATとは
DHEATまとめ

DHEATとは災害時健康危機管理支援チームの略で、5名程度のチーム

防ぎえた災害死と二次的な健康被害の最小化に努める

  

皆さんこんにちは災害医療大学です。

今回は災害医療に関係する団体シリーズのDHEATです!

  

スポンサーリンク

DHEATとは?

DHEATとは、災害時健康危機管理支援チーム の略です。

Disaster Health Emergency Assistance Team 

の頭文字ですね。

読み方としては「ディーヒート」です!

  

災害が発生した際に、被災地の保健医療調整本部保健所が行っている指揮調整機能を応援します。

専門的な研修・訓練を受けた職員により構成されます。

  

他にも災害時に活動する団体がたくさんあります!

こちらもどうぞ!

スポンサーリンク

DHEATとDMATの違い

DMATは超急性期の発災から2~3日まで活動するチームとして有名ですね。

それに対してDHEATは急性期、つまり発災から1週間程度で活動します。

この活動時期の差が大きな違いです。

 

DHEATになるには?

DHEATの1チームは5名程度です。

なれる職業は、

医師・歯科医師・薬剤師・獣医師・保健師・臨床検査技師

管理栄養士・精神保健福祉士のような、有名どころの医療関係者のほか、

環境衛生監視員・食品衛生監視員です。

  

そのほか、連絡調整・運転などのロジスティックスができる人がなれます。

当然、専門的な訓練を受ける必要があります。

スタッフ訓練は1日、リーダー研修は2日です。

 

災害時の活動は大体1週間程度で、急性期から慢性期の間支援します。

 

DHEATの活動

まず、DHEATの目的は

防ぎえた災害死と二次的な健康被害を最小化する

ことです。

簡単にまとめます。

  • 健康危機管理組織の立ち上げ
  • 健康危機管理組織によるマネジメント業務の支援
  • DHEAT活動の報告及び記録
  • DHEAT活動の引継ぎ
  • DHEAT活動の終結

となっています。

  

健康危機管理組織によるマネジメント業務の支援

は3本立てになっています。

  

①被災情報の収集と分析評価、対策の企画立案

救護所・避難所などから、医療ニーズ等の情報を集め、

健康被害を最小化するための対策を企画立案します。

 

②後方への支援要請と資源調達

集めた情報などを本庁の健康危機管理組織に報告し、後方への支援要請と、不足資源の調達をします。

 

③組織・職種横断的な調整

活動中の支援チームが情報共有できるために、協議できる場を設けます。

 

DHEATに必要な力

災害医療にかかわる皆さんは医師・看護師の方だけではないと思います。

医師・看護師の方も当然必要な力でもあり、

そうでない方にも身につけていただきたい力があります。

それは対応力です!

  

災害を乗り越えてきた38名の経験・スキルがギュッとつまった本がこちらです!

他職種連携で支える災害医療:身に着けるべき知識・スキル・対応力:災害医療大学・購買部
医師・看護師・薬剤師だけでなく、歯科医師・理学療法士・介護士・鍼灸師・整体師の方にもおすすめです。1つの職種について着目した本は多いですが、他職種連携ということで関係した様々な種類の職に触れている点も学長的に高評価です。 東日本大震災を経て

いかがだったでしょうか?

様々なチームを見ている中で、活動時期、管轄などが少しずつ違うのが見えてきました。

将来自分が所属するとしたらどこがいいのだろう?

参考にしてください!

  

厚生労働省:災害時健康危機管理支援チームについて

次はこちらの講義をどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました