災害時に活躍する栄養士チーム JDA-DATと必要な2つのスキル

まとめ

JDA-DATとは、日本栄養士会災害支援チームの略
栄養・食生活の支援を通じて被災地で活躍する

皆さんこんにちは災害医療大学です。

皆さんは普段どのようなご飯を食べていますか?

一人暮らしの僕は毎日偏食を続けています。笑

  

さて、避難所ではどのようなご飯が食べられるのでしょうか?

被災地では栄養士さんも活躍します。

  

他にも災害時に活動する団体がたくさんあります!

こちらもどうぞ!

 

スポンサーリンク

JDA-DATの正式名称

The Japan Dietetic Association-Disaster Assistance Team

の頭文字になります。

 

正式名称は

日本栄養士会災害支援チームです。

活動マニュアルはこちら!

  

例えば東京都栄養士会であれば、

JDA-DAT東京、東京D-DAT

と呼ぶそうです。

  

支援活動の図はこのようになっています。

JDA-DAT活動マニュアル(基礎編) より引用

  

1チーム基本的には管理栄養士・栄養士の4名で構成されています。

うち3名は栄養士会で研修を積んだリーダー・スタッフで、

被災地の栄養士1名を加え、計4名のチームになります。

スポンサーリンク

JDA-DATの目的

栄養・食生活支援活動を通じて、被災地支援を行う

災害発生から急性期の72時間以内に活動できる機動性・専門スキルが必要です。

 

JDA-DATの活動

活動に入るのは、自ら・要請を受けてから支援に入ります。

  

①情報収集

②緊急栄養補給物資の支援

 必要な物資の内容・量を把握し、支援します。

③栄養補給

 被災施設・避難所にて直接栄養補給の支援をします。

④対応の困難な被災者への支援

 

以上のように、基本的には急性期の活動を行います。

「急性期」ってなに??

という方はこちらもどうぞ!

 

実際に活動した内容としては

誤嚥・お菓子の食べ過ぎ・噛めない・口内炎

の対応をしていたそうです。

  

規模によっては長期的な支援を行います。

避難所での支援や、仮設住宅での支援も行う場合があります。

  

日本栄養士会の発表している「災害時の栄養・食生活支援マニュアル」によると

支援の流れは下のようになります。

  

求められるスキル

JDA-DATに求められるスキルは大きく分けて2種類あります。

1つは「非常時に支援活動で必要な能力」です。

  • 判断力
  • 行動力
  • 実行力
  • リーダーシップ
  • 臨機応変の対応能力
  • 人間関係の調整能力
  • 協調性
  • 主体性

以上の能力は災害支援において誰もが必要なスキルですね。

2つ目は「災害時での栄養の専門スキル」です。

  • 食品
  • 臨床〈糖尿病・腎臓病・高血圧・透析・経管等〉
  • 在宅〈褥瘡〉
  • ケア〈老人・障害〉
  • 食育
  • 妊産婦
  • 給食管理

  

これらのスキルを日常ですべて身に着けるのは困難です。

JDA-DATによる研修があります!

JDA-DAT専門的研修内容

マニュアルによる例では下のようになっています。

合計14時間の研修となっています。

この研修を終えるとJDA-DATのスタッフとして活動することができます!

  


なんとJDA-DAT専用車を持っていて、キッチンカーになっています。

鹿児島市医報

参考はこちら

日本栄養士会 HP

次はこちらの講義をどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました