災害医療認定薬剤師への道、PhDLSでは何を学べるの?

PHDLS
PhDLSまとめ

PhDLSとは、災害薬事研修のこと
PhDLSの対象者は限定されない
PhDLSではCSCAPPPや、災害薬事トリアージを学ぶ
PhDLSを修了すると災害医療認定薬剤師を目指せる

皆さんこんにちは!

災害医療大学です!

  

災害時において医薬品の扱いはとても大切です。

薬を扱う人向けの災害医療の研修「PhDLS」災害薬事研修の紹介です!

  

スポンサーリンク

PhDLSとは

PhDLS研修は「災害薬事研修コース」と呼ばれ、

英語では「Pharmacy Disaster Life Support」と書きます。

これを縮めて「PHDLS」となります。

  

災害薬事に携わる人が適切に対応できることを目指す研修となっています!

  

正確にはPhDLSプロバイダーコースと、

PhDLSインストラクターコースの2種類があります。

  

ここでは基本的にPhDLSプロバイダーコースの紹介をします。

受講料は1万円~1万5千円となっています。

  

スポンサーリンク

対象者は?

PhDLSの対象者は基本的に職業に限定されることはありません

薬剤師や医師だけでなく、薬事業務にかかわる人、防災業務にかかわる人や、

医療系の学生も受講することができます。

  

PhDLSで学べる事

まずは座学で災害医療の体制や、CSCAのような災害医療の基本となる事柄を学びます。

また、災害時の薬事支援の原則であるCSCAPPPを学びます。

CSCAPPPについてはこちらから!

  

実技として災害薬事トリアージフィジカルアセスメントを行います。

  

最後に実技試験と筆記試験で終了です。

筆記試験は70%以上で合格です。

  

全部で約8時間の研修となっています。

  

PhDLSを修了すると・・・

PhDLS標準コースを修了すると、「PhDLSプロバイダー」になります。

これで「PhDLSインストラクターコース」の受講資格が手に入ります。

  

インストラクターコースを経て、インストラクターになると、

災害医療認定薬剤師を目指すことができます!

  

災害医療に強い薬剤師を目指しているかた、

災害時の薬の流れをもっと知りたい方はぜひ受講してみてください!

  

標準テキストはこちらです!

災害薬事標準テキスト:災害医療大学・購買部
災害医療に関わりたい薬剤師・薬学生のための教科書です。PhDLSコースのテキストになっています。コース受講を考えている方はぜひ!購入するにはアマゾン楽天災害薬事標準テキスト 価格:1,980円(2021/10/23 19:19時点)関連講義

次はこちらの講義をどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました