トリアージの種類?7種類のトリアージと3つの分類

トリアージの種類と分類
トリアージの種類まとめ

場所による分類

 病院でのトリアージ・現場でのトリアージ

時間による分類

 一次トリアージ・二次トリアージ

方法による分類

 START法〈スタート法〉・PAT法・SALT法

皆さんこんにちは!
災害医療大学です。

  

ここまででトリアージの背景について学びました。

今回は「7種類のトリアージと3つの分類」をご紹介します。

何種類もあるトリアージを使いこなせるようになりましょう!

「トリアージ特別講義まとめ」はこちら!

  

まずはトリアージを分類すると、

「トリアージをする場所」

「トリアージの時間」

「トリアージの方法」

の3つに分類されます。

まずは場所による分類から!

スポンサーリンク

現場でのトリアージ

目的:搬送の順番を決める
特徴:応急処置を行う場合がある

  

災害が起きた現場で行うトリアージです。
救助者の安全も確保しながらトリアージを行いましょう。

携帯している医療資源によりますが、止血や気道確保等の応急処置を行います。

  

スポンサーリンク

病院でのトリアージ

目的:処置の順番を決める
特徴:医療資源の影響を受けやすい

  

搬送先の病院でのトリアージです。
災害時は基本的に重症の患者から順に搬送されます。

搬送された人よりも、直で病院にやってきた人のためのトリアージです。

直接病院に来られる→軽傷

ともとらえられます。

病院の立地によって状況が大きく変わります。

  


次に時間による分類です。

一次トリアージ

目的:傷病者を素早く分類する

特徴:一番重要で、早さと正確さが求められる

  

初めて行うトリアージを一次トリアージといいます。

最も有名なシーンだと思います。

  

二次トリアージ

目的:傷病者の再分類

特徴:重要だが実施されないこともある

  

トリアージは1回だけでなく、何度も行います。

2回目以降のトリアージを二次トリアージといいます。

時間とともに変化する傷病者を再評価します。

  

基本的に赤→黒、黄→赤のように状態が悪くなります。

緑→赤という場合も考えられます。

  


最後に方法による分類です。

START法

特徴:一次トリアージに用い、最も扱いやすく、素早く判断できる

最も認知度の高いトリアージの手法だと思います。

スタート法・スタートトリアージといいます。

素早く判断できるため、初心者の方にもおすすめです。

  

START法の詳細はこちらから!

  

PAT法

特徴:二次トリアージに用い、詳細な評価を行う

一次トリアージで分類された傷病者を詳細にみます。

パット法といいます。

覚えることが多いです。

  

PAT法の詳細はこちらから!

  

SALT法

特徴:一次トリアージに用いられ、アメリカ軍等で用いられる

トリアージの際に救命処置をおこなう。

灰色の分類が存在する。

  


さて、今回はトリアージの種類を大雑把に紹介しました。

「トリアージはいくつも種類がある」ということを理解いただければオッケーです!

これからトリアージの方法の講義になります。

楽しみにしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました