学生も参加できる!災害医療関係の研修・セミナー

災害医療セミナー
学生も参加できる災害医療の研修・セミナーまとめ

入門コース:日本災害医学会セミナー(JADMS)
消防や警察向け:多数傷病者への対応標準化トレーニングコース(MCLS)
避難所関係者向け:地域保健・福祉の災害対応標準化トレーニングコース(BHELP)
医薬品関係者向け:災害薬事研修コース(PhDLS)

薬剤師・薬学生向け:日本災害医療薬剤師学会 研修

皆さんこんにちは!
災害医療大学です!

今回は対面で質問された、「学生でも参加できる災害医療のセミナーや研修会はありますか?」にお応えします!

さすがに学長も日本で行われている研修等の情報を把握しているわけではありません。

あくまでも有名どころの研修の中で、学生も参加できるものをご紹介します!

スポンサーリンク

日本災害医学会セミナー:JADMS

セミナー|一般社団法人 日本災害医学会
日本災害医学会のウェブサイトです。日本災害医学会は、災害時の医療に携わる医師、看護師、救急隊員ほか各職種の個人や研究者、災害医療や防災業務に携わる組織などが参加する学会です。

日本災害医学会といえば、日本における災害医療の学会で一番有名ですね。

災害医療の基礎知識と技術の修得を目的としたセミナーとなっており、すべての災害医療に関する教育コースの入門として位置づけられています。

受講資格は、災害時の医療に携わる可能性のある方ならどなたでもOKです!

 

※2022年10月時点での直近の開催が2020年のため、最近は開催されていません。

スポンサーリンク

多数傷病者への対応標準化トレーニングコース:MCLS

MCLSコースは消防や警察など、災害のファーストリスポンダーとなりうる要員を対象とした災害医療の研修会で、日本災害医学会が開催しています。

目的は、消防職員・警察職員などが、災害現場で実施するべき医療について理解を深めること。
災害現場医療に興味のある医療従事者(医師・看護師・コメディカル・病院事務官など)に、トレーニングの機会を提供することとなっています。

超重要なキーワードはCSCATTTです。

MCLS標準コース、MCLS CBRNE研修のように、分かれているので詳しくはこちらをご覧ください!

地域保健・福祉の災害対応標準化トレーニングコース:BHELP

BHELP研修は、地域保健・福祉関連業務に従事するかたを対象とした、日本災害医学会が開催している研修です。

目的は、発災直後から避難所での活動を効果的・効率的に実践するために、災害対応における知識、共通の言語と原則を理解し、被災者の生命と健康の維持、災害発生直後からの被災地内での災害対応能力向上に資することとされています。

超重要なキーワードはCSCAHHHです!

災害薬事研修コース:PhDLS

PhDLS研修は日本災害医学会が開催している、災害薬事に関する研修です。

目的は、災害薬事に従事する者が、災害時に発生した傷病者・患者への対応を適切に行うことにより、傷病者・患者の救命率及び社会復帰率の向上に資することとされています。

超重要なキーワードはCSCAPPPです!

災害医療に興味ある薬剤師・薬学生の方は「災害医療認定薬剤師」を目指すのもありですね!

詳細はこちらから!

日本災害医療薬剤師学会 研修

日本災害医療薬剤師学会が行っている、会員限定無料研修です。

学会に所属することで受講でき、学生も日本災害医療薬剤師学会に入会することができます。

日本災害医療薬剤師学会

 

日本災害医療薬剤師学会といえば、災害医療支援薬剤師の認定を行っているので、興味のある方はこちらをご覧ください!

まとめ

災害医療セミナー

ここまでご紹介した研修・セミナーをまとめると以下のようになります。

学生も参加できる災害医療の研修・セミナーまとめ

入門コース:日本災害医学会セミナー(JADMS)
消防や警察向け:多数傷病者への対応標準化トレーニングコース(MCLS)
避難所関係者向け:地域保健・福祉の災害対応標準化トレーニングコース(BHELP)
医薬品関係者向け:災害薬事研修コース(PhDLS)

薬剤師・薬学生向け:日本災害医療薬剤師学会 研修

直近ではどんな研修・セミナーをやっているの?という方は、ぜひ「災害医療ポータルサイト」をご覧ください!

災害医療イベントポータルサイトD-PORT
災害医療イベントポータルサイトD-PORT。D-PORTは全国の災害医療に関する研修・講習の開催を投稿・検索できるサイトです。全国の「災害医療教育」をD-PORTはサポートします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました